Event is FINISHED

妖怪vs神獣 スペシャルトークイベント

Description

妖怪 vs 神獣
 
生命における物語性とリアリティ

人間は人間ではないものとの接続により、真の人間たりうる。

 

妖怪哲学博士・甲田烈氏と、
生命己読み・アニマンダラを展開する天海ヒロ氏のトークバトル。
 
妖怪・幻獣・神獣、はたまた古生物や先住民の生命観を縦横無尽に駆け抜けながら
霊と生命に対する眼差しを通して、人の本質を浮き彫りにするトークイベント。

妖怪ウォッチのヒットに大江戸博物館の大妖怪展の盛況、

体感型展覧会GeGeGe水木しげるの大妖界

そしてシン・ゴジラも大ヒット

今の時代だからか?  なにやら妖かしが蠢いています。

民間伝承における、人間の理解を超える怪異現象や、

それらを起こす、不可思議な力を持つ非日常的存在・妖怪。

一方、先住民や原始宗教では神や精霊的、超自然的存在の

動物たちや獣人が登場します。

妖怪に対して、神としての動物、精霊としての動物という切り口から

妖怪哲学博士の甲田烈氏とアニマンダラの天海ヒロが語り合います。

妖怪や、神的動物達は単なる空想の産物なのでしょうか?

しかし、ある時代、ある地域において、それは紛れも無いリアルだったのです。

では、空想とは? リアルとは? それらを超えた先にあるものとは…?

  

両者は今年2月、甲田烈の妖怪ラヂオ

甲田烈の妖怪ラヂオ・甲田烈×アニマンダラ

甲田烈×アニマンダラの対談がきっかけとなり

本格的なトークイベントを開催しようということになりました。

 

【日程】 9月19日 (祝日・月曜日)

【時間】 14:00 開場 / 14:30 開演 / 19:00 終了予定

【参加費】 4,500円

【開催場所】 船堀 (都営新宿線・船堀駅徒歩1分)

▶ 会場詳細は、お申し込み後メールにてお知らせいたします。

【企画・主催】 甲田烈 / ㈱ 高千穂創研

  

   
▼ タイムテーブル

 14:00 ‐ 14:30 受付

 14:30 - 14:40 ご挨拶・イントロダクション
 14:40 - 15:50 妖怪vs神獣 講演 ❶
 16:00 - 17:10 妖怪vs神獣 講演 ❷
 17:30 -     甲田烈 × 天海ヒロ スペシャル対談
 19:00      終了予定

   ※ 多少時間が前後する場合があります。
   ※ 講演❶❷は、甲田、天海のどちらかの講演。

   ※ 終了後、懇親会を開催いたします。
 

▼ 講演内容

■ 甲田烈氏

「折りたたまれた自然からの妖怪学」

 これまで「妖怪」の分類については、現象の真偽を判定する心理学や哲学的アプローチによるものや、風俗史学による形態に着目したもの、さらに民俗学・文化人類学による出現場所や地域の世界観に根ざしたものなど、多岐にわたる試みがなされてきました。しかしそれらは、ともすれば絵画的なメージや図鑑的な名称に基づくものであり、文化の側から想像的な存在としての妖怪を区分するという前提を持っているように思われます。
 今回は、こうした先人のアプローチも踏まえつつ、「分類とは思想である」ということをまず見直します。そして、人間を周囲の環境とともに、人体の中にも自然を持ち、しかも相対的な環世界移動能力に開かれた「折りたたまれた自然」として捉え、流体・鉱物・植物・動物・身体の延長としての道具の多重性という観点から、多様な妖怪現象の差異について、新しい分類の試みを提示してみます。そこで明らかになるのは、差異の具現としての「妖怪」であり、私たち人間もまた、想像しつつ、想像力に担われているということです。
 不思議の分類学への旅を、ともに楽しみましょう。
 
 
■ 天海ヒロ氏

「動物精神と古き神々」

"動物"を生物学的な"生きもの"として受け止めるようになる以前、森羅万象に霊を見た古代の人々にとって、動物は今とは異なった"存在"として受け止められていました。
ネイティブアメリカンは、"四足の人"、"羽のある人"と動物を呼び表したそうです。
彼らにとって動物は自分たちの魂を浮き彫りにする鏡であり、超自然的なガイドであり、先祖であり、翻弄する妖怪的存在でもありました。こうした眼差しは、アニミズムやトーテミズムと呼ばれています。霊的存在としての動物達がそこにはいました。
エジプト、マヤ、ギリシャなど、古代文明の多くでも、半神半獣の神々が多く登場しています。精霊的意味を持たされた動物シンボルであれば、今なお広く、宗教や民間伝承にみることが出来るでしょう。
これら神や精霊としての動物とは一体どんな存在なのでしょう?
どのような眼差しが、動物を神にし、またそれを地に落としたのか?
世界をどのように見るか? は、世界をどのように創り出すか?と連続性を持ちます。
古き神々を訪ね、私達と世界との関わりを再認識し再考してみませんか。
 
 
▼ 講師プロフィール
  

甲田 烈


 
哲学者・妖怪研究家。
1971年、東京生まれ。相模女子大非常勤講師を経て
現在、東洋大学井上円了研究センター客員研究員。
日本トランスパーソナル学会理事。専門は比較哲学・心理学。
「妖怪ラヂオ」パーソナリティ。
 
幼少の頃より妖怪について他人ではない親近感を持ち、また哲学的関心から接点を探る。
明治の妖怪博士・井上円了の妖怪学を、民俗学・東西の思想や心理学なども媒介として
批判的に継承する意図から「妖怪哲学」を提唱・構築中。
 
 著書に東西の哲学史の入門的な通史である『手にとるように哲学がわかる本がある。
 関連論文多数。また、12月に水木しげる論を刊行予定。
 Blog http://fieldificator.seesaa.net/
 



天海ヒロ (福田 博行)


映像アーティスト・古生物研究家・シャーマニズム研究家/生物画家。
動物や河童、竜などの妖怪、幻獣のCGも手掛けるクリエーター。
2016年3月 "共有されるべきアイデア"を広くプレゼンテーションする場
TEDxTokyo yz 【人類】 にスピーカーとして登壇。
   
「生物進化や生態系が、人の精神構造とフラクタルな関係にあり
人間進化の方向性を教えてくれる」
という、
新しい生命観-人間観を伝えるAnimandalaの語り部。
   
クリエーターとして、TVゲームやCMのCG映像や書籍カバーデザインを担当する他、
デジタルメディア図鑑の企画開発、モバイルの占いコンテンツの企画開発経験を持つ。
また、カバラ数秘術やアニミズム、神話、認知心理学にも精通する。
HP http://animandala.com/


Event Timeline
Mon Sep 19, 2016
2:30 PM - 7:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
都営新宿線 船堀駅至近
Tickets
参加チケット ¥4,500
Venue Address
東京都江戸川区船堀4-1 Japan
Organizer
アニマンダラ◆生命の己読みプログラム
11 Followers